怪譚 屏風の虎

 怪譚 屏風の虎
 第一話 屏風の虎
 第四回

     ◇
 その朝、湖は、死んだように美しかった。
 朝日を浴びた水面は金色に輝いて、神々しく、数羽の都鳥(ユリカモメ)が波間に浮かんでいるのが見える。
 その城は、まるで雲を突き抜け、天にまで届くのではないかと思われるほどの威容を示していた。

 誰も見たことはないが、邪宗の伴天連(バテレン)の寺(教会)に似ていると人々は噂し合った。
 天守閣はおおよそ完成していたが、下層階はまだ工事の半ばである。
 湖は琵琶湖で、城は安土城であった。

 おれは海を見たことがない、と金太郎はつぶやいた。
 京で生まれ、京で育ったので海を知らない。
 海は大きくて、青く、あの遙か彼方の唐土(もろこし)にまでつづいているという。
 湖と海は違うのだろうか。

「金太郎、さっさと筆、洗ってこい!」
「はい」
「おい、金太郎!筆洗の水を替えろって言ってるだろうが……」
「はい」
「おい、膠(にかわ・膠液)はつくったのか?」
「はい、ただいま」

 金太郎はまるで、おさんどんか、追い回しみたいに、兄弟子たちにこき使われていたのである。
 金太郎は、その名前がきらいだった。
 坂田の金時からの謂われだという。
 武家でもあるまいし……。

 天正四(一五七六)年、天下人・織田信長さまに請われて、兄ちゃん(狩野永徳)は、安土城の障壁画を制作することになった。
 狩野の家にとっては、これほど大きな仕事は、かつてなかったのである。
 永徳が三十四の歳であった。
 織田信長――別名、第六天魔王。
 魔王である……。

 安土城は『天下布武』の象徴で、天守閣は、日本の宗教・思想を統一した『天道思想』を表現したものであるという。
 天下統一にかけた強い思いを感じる。
 信長さまをまだ一度も見たことがないが、いつも鬼のような形相をしているのではないかと想像していた。

 金太郎は数えで十三になっていて、狩野の家の内弟子になっていた。
 狩野家には、弟子が四十名ほどいて、各々が扇、団扇、屏風、掛け軸など、あらゆる絵画を手わけして描き販売していたのである。
 そんな組織的な工房を金太郎の祖父である、狩野元信が創ったのである。
 元信はまた、絵画の見本帳のようなものを作製し、弟子の誰が描いたとしても、寸分の狂いもなく描写できるという体裁を確立した人物なのだ。

 狩野派といえば水墨画という心象があるが、それを打ち破り、彩色の技術を取り入れたのも元信だったという。
 元信はその技法を得るために、大和絵の土佐光信の娘を嫁にもらっているのだ。

「あーあ、今日は乗らねえな……」
 兄弟子の勘助がつぶやいて、面相筆を放り投げた。
「まったくだあな……」
 やはり兄弟子の市造が言う。
 世の中には、絵しか描けねえやつがいるんだ。
「うねに逢いてえよ」
 うねというのは、京の六条三筋町の遊女のことである。
 三筋町は歓楽街だった。
「あーあ、女の肌が恋しいぜ。いつまで、こんなど田舎に居なきゃなんねえんだよ!」
 市造が怒った。

 兄弟子たちは、金太郎が狩野松栄の子だということを知らされていない。
 だから、永徳とは義兄弟になる。
 独り立ちしてから、”狩野永劫”と名乗るようになった。
 母は、誰なのか知らない。

     ◇
 その朝、月山夫婦が”引っ越し荷物”を整理していると、見知らぬ初老の男が訪ねてきた。
「村長の赤橋です」
 男が言う。
 赤橋は小柄で、正直そうであり、実の父親のように見えた。

 思い出はなかった。
 否、思い出したくないといった方が正確だろう。
 月山は、山形の限界集落で生まれた。
 両親は今も健在で、その村に住み、わびしい寺院を営んでいる。

 月山は幼いころから、そこから脱出することだけを考えていた。
 坊主になる気など毛頭なかったが、都会に出られるのであれば、何でも良かったのである。
 それで推薦(無試験)で、京都の大学に進学できることになり、願いが叶ったのだ。

 家業を継ぐ訳でもなく、惰性で現在の職にありつき、十二分に満足していたのである。
 生来の怠惰な性格ゆえ、意志などなく、いつも流されていた。
 何の因果か、それが今回の派遣になった。

「どうも、はじめまして。こちらの方から、ご挨拶に行かねばならないのに、ありがとうございます」
 月山が恐縮して言う。
「いやいや、引っ越して来られたばかりで、お忙しいと思いましてな」
 赤橋はそう言ったが、不思議そうな顔で、月山をまじまじと眺めている。

「?」
「何か、変わったことはありませんでしたか?」
「えっ?と、申しますと……」
「い、いや、特には……」
「はあ?」

「……大丈夫ですか?」
「はい」
「そう、それは良かった。大佛(おさらぎ)さんのこともありましたからなあ……」
 大佛というのは、前住職のことだ。
「あーあ……」
「心配だったのですよ」
「一体、何があったのですか?」

「大佛さんのこと?」
「ええ、そうです」
「さっぱり分からんのですよ」
 赤橋が大きな溜め息をついた。
「……そうですか」
「事件が起こるような所ではないのですがねえ……」

「ねえ……」
 と、賀歌が仏間の方から、やって来た。
「うん?」
 月山がこたえる。
「あっ、ごめんなさい。お客さまだったんですね」

「ああ、村長の赤橋さんだ」
「どうも、はじめまして。賀歌です」
 ぺこりと賀歌は頭を下げる。
「………」
 赤橋は、賀歌の顔をまじまじと見つめるだけで、挨拶さえしない。
「?」
 月山は、怪訝な表情で赤橋を見ていた。
                         つづく









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント