怪譚 屏風の虎

怪譚 屏風の虎
第一話 屏風の虎
第十回

 その朝、月山はまじまじと虎の屏風を眺めていた。
 六曲一双の屏風で、経年による劣化が著しく、背景に金箔が施してあったが、所々にハゲが目立った。
 右隻(うせき)には、墨による竹林の中で、一頭の虎が寝そべっている図で、左隻(させき)には、もう一頭の虎が大空にむかって咆哮する姿が描かれている。

 墨の濃淡によって、画面に奥行きが出来、虎の毛先一本一本にまで丹念に彩色されて光り輝いていた。
 月山は、国宝になるかも知れないその屏風絵を見ても、何の感情もわき上がって来なかった。
 名画だということは理解出来るが、あまりに普通だったからである。

 作者の”毒”のような悪意ある画風ではなかったし、素直な心情が画面に表出している。
 それでも、技巧的には狩野派の中でも屈指だったし、武家が気に入りそうな題材でもあったが、真新しさを感じることが出来なかった。

 しかし、近ごろでは、その考えが変わったのである。
 やはり、 明月が言うように、紛れもなく傑作であると思い直したのだ。
 虎の目は、餓えて獲物を狙うそれで、まるで観る者をも威嚇するような鋭さがある。
 無論、日本画であるし、また、狩野派の画風でもあるので、力強い線、計算された構図、あざやかな彩色、みなぎる躍動感……があふれている。
 間違いなく国宝級であった。

 本当に、この虎が抜け出してきたのだろうか?
 ――馬鹿な!
 そんなことが有り得るのか?
 夢とはいえ、気絶したのは事実であったし、躰の傷も残っている。
 月山はノイローゼになりそうだった。

 台所で、賀歌が洗い物をしながら、鼻唄を歌っているのが聞こえる。
 しかし、なぜ、妻はこのタイミングで帰ってきたのだろうか?
 おかしくないか?
 ――……おれは本当に妻を愛しているのだろうか?
 月山は慌てて首をふる。
 自分のおぞましい思いに、自身が驚いている。

「あなたー、ねえ、あなたー!」
 賀歌の呼ぶ声が聞こえる。
「おーい、ここにいるー!」
 月山が答える。

「ちょっと手伝って-!」
「わかった、すぐ行くー!」
 と、月山が台所に向かおうとした。

 ぐるるる。
 突然、猫が喉を鳴らしたような声が聞こえた。
「!」
 月山は吃驚して、後ろをふり向く。

 そこには、虎の屏風があるだけだった。
 ――……嘘だろ?
 月山は震えながら、台所へ小走りに行った。


     ◇
 ――名前は?   
 ……なぎの、……梛野賀歌です。
 ――年齢?
 二十です。
 ――職業?
 主婦です。

 ――今日は何でここへ?
 ………。
 ――答えろ!
 ……よく。
 ――ああ?
 ……よく分からないんです。

 ――浮気してるのか?
 してません。
 あの人は疑って(い)るようですけど……。

――あの人とは?
 ……夫です、梛野月山です。
 ――……それで?
 夫は疑問に思って(い)るようですが、何処で知り合うというのでしょうか。
 交番さえない、こんな田舎で、どんな巡り逢いがあるというのでしょう。

 ――疑われるようなことをしたからだろう?
 いいえ、違います。父は本当に病気なんです。
 持病の高血圧が悪化したんです。
 大事には至りませんでしたけど……。
 電話に出たのは、三つ違いの兄だったんです。
 でも、信じてはくれません。

――……言い訳丸出しだな。
 そんなことありません。実際に、旅館はいま、ムチャクチャ忙しいんです。
 外国人のお客さまが増え、英語が苦手な父や兄では、うまく回らなくって……。
 それが、私がかり出されて、手伝うようになった理由です。

――他に言っておきたいことは?
 あの人の頭には、セックスのことしかないんです。
 (い)やらしい!
 女が嫌がれば、夫は我慢すべきでしょう。
 この間だって、私が入浴しているとき、こっそり盗み見してたんですよ。
 あー、(い)やだ、(い)やだ!

 別れたって構わないです。
 請われたから、仕方なく結婚したまでで。
 かわいそうだと思って。
 後悔って訳じゃないんですけど、時々考えるんですよね。
 何で結婚したのか、と。

 あの人、この村に来てから痩せたんですよ。
 食事も喉に通らないみたいで。
 いつも、ぶつぶつ呟いて(い)るんです。
 眠れないって……。
 バカみたい。

 ――……気が済んだか?
 ……ええ、まあ。
今度、不倫なるものを試してみようかと思います。
 いつの時代も、やった者勝ち、やり続けた者勝ちですもんね。
 それとも……。

 ――……それとも?
 ……うふっ。
                つづく








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント