テーマ:日本の美

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載27 奈良三彩     キセキレイ  ゆずり葉の携帯の呼び出し音が鳴っている。  液晶を見ると、登録している派遣会社からのものだった。 「もしもし、秦です」 「××スタッフの鈴木です。お世話になっております」  知り合いの営業の女の子からだった。 「こちらこそ、お世話になっております」 「ゆずり葉さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載22 奈良三彩       ※  宗悦の女のように長い指が今、ゆずり葉の双の乳房を弄ぶようにつまんでいる。  彼が宿泊する吉野の旅館の一室だった。  ――・・・・なぜ、こんなことになったのだろう?  ゆずり葉はだんだん考えることが億劫になってきている。  宗悦がまた、唇を求めてくる。  ゆずり葉は受けと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載19 奈良三彩  ある日、ゆずり葉のブログに、こんなコメントが投稿されてきた。 投稿者:求塚 2005年4月26日 午前10時47分 コメント: 先日はありがとうございました。 一昨日あなたの歌集を取り寄せ、拝読致しました。 良かったです、感動しました。 申し訳ないのですが、私は文学者ではないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載18 奈良三彩       炎舞  その朝、宗悦は品川・大崎にある日吉能舞台で、ひとり練習に励んでいた。  関西での『求塚』が好評だったので、次の公演でも、ぜひにとの主催者からの要請で、再演することが決まったのである。  いくら好評を博したとはいえ、彼自身納得できない箇所があったので、反省もこめて、いま一度、舞い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載16 奈良三彩         ※  半月ぶりに帰京した宗悦は、江戸前の鰻の蒲焼きが食べたくなって、京橋の行きつけの店を訪ねる。 どのみち自宅に帰っても、年老いた父親と数名の内弟子しかいなかったので、まっすぐ帰る気にはなれなかったのだ。  宗悦の実母の美代子は、孫の宗誉が生まれるとすぐに、急性心不全によって急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載13 奈良三彩 ☆☆☆祝 堂々の第1位☆☆☆ 『奈良三彩』が、ブログランキング にほんブログ村さんの小説ポエム部門で、堂々の第1位に輝きました。 うれしいっス!!(lll´▽`lll) 今後の創作の糧とさせて頂きます。 本当にありがとうございます。<(_ _)>        ※  聚はいま、インターネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載12 奈良三彩 ☆祝 第2位☆ 自著『奈良三彩』が、ブログランキング にほんブログ村さんの小説ポエム部門で、第2位に推挙されました。(lll´▽`lll) ありがとうございます。      ※  モーターの電源を入れると、ゆっくり轆轤(ろくろ)が回り始めた。  時おり、きこきこと奇妙な音が鳴る。  ミシン油を差…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載10 奈良三彩 ※これまでのあらすじ※ 歌人のゆずり葉は、陶芸家の聚(あつむ)と、万葉集に登場する処女塚(おとめづか)を訪れる。 それは、古代に生きた菟原処女(うないおとめ)の古墳で、処女は二人の男に求婚されて、どちらとも決められず、自害してしまったのだった。 ゆずり葉は彼女の死が、どうしても理解できなかった。 その墓で二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE 読物  ~東 月彦の小説~

連載2 奈良三彩 「・・・・わからないのよ」  独り言のように、ゆずり葉が言う。 「何が?」  聚が訊く。 「万葉集には、菟原処女の他に、妻問い(つまどい)で自害した女の子が三人も登場するの。畝傍山(うねびやま)のさくら子、耳成山(みみなしやま)のかずら子、真間の手児奈(てこな)・・・・」 「・・・妻問いって?」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more